メインイメージ

合同会社のメリット

合同会社を設立するメリットはたくさんあります

合同会社が会社法で定められてから、設立する人は増えているそうです。そのメリットはいくつかありますが、設立費用や維持費が安いことがもっとも大きな理由だと考えられます。また、会社組織の自由度が高いことも理由の一つだと考えられます。

これらのメリットをきちんと把握しておくと、目的によっては他の会社組織よりも合同会社のほうが有利だと感じることも多いでしょう。特に、規模の小さい会社を作ろうと思っているのなら合同会社のほうが適していることが多いのです。その理由についていくつか紹介したいと思います。

まず設立費用についてです。やり方によってはお金をかけることもできますが、ただ単に法人格が欲しいというのであれば、10万円くらいで合同会社を作ることもできます。登記に必要な資金と、代行してもらうための資金とを合計しても10万円以内に収めることは可能です。費用が安いことは最も大きなメリットだと言えるでしょう。

また、維持費についてもかなり安いです。法人住民税が年間で7万円は最低かかりますが、株式会社のように株主総会を開催する必要もありませんし、決算公告を行う必要もありませんから、維持費も安くなります。オフィスを持たずに自宅で起業できるのであれば、合同会社の維持費として7万円だけに収めることもできるでしょう。
会社組織をシンプルにできるというのもメリットの一つです。たとえば、役員は一人だけにすることも可能で、一人ですべて行っていくこともできます。経営のスピードアップにもつなげることができるでしょう。

他にも、出資金額の少ない人に対して利益の分配を多くすると言ったことも可能です。分配の金額を自由に決めることができますし、独自にいろいろな制度を作り上げることもできます。会社組織を自由に設定できるという点でも優れています。

合同会社を設立するメリットの中では、ここで紹介した二つのことは最も大きいものだと考えら得ます。ただ、法的な制限があまりないために、何らかのトラブルが起こったときに法律による解決が難しいケースもあります。
このように不便な点もいくつかありますが、それらを差し引いてみても合同会社が適しているケースは多いでしょう。とにかく設立することによるコスト増を懸念する人なら、株式会社よりも合同会社のほうが適しています。たとえば節税目的で法人が欲しいという人なら、合同会社のほうが圧倒的に優れていると考えられるのです。

Copyright© 2015 合同会社は株式会社と比べてどのような点で良いか All Rights Reserved.