メインイメージ

健康保険への加入

合同会社設立と健康保険への加入

合同会社設立により健康保険や厚生年金への加入を行わなければならなくなります。この手続きは期間が決まっており、法務局での法人登記完了後が合同会社設立日となりますが、この日にちを基準日として一定期間内に申請を行わなければなりません。このため、合同会社設立の準備の段階から書類などをそろえていくなどの入念な準備作業が必須となってきます。合同会社における定款作成とその認証を経て、法務局で登記となるわけですが、法務局での登記には一定期間おおよそ2、3週間程度はかかりますので、その間に登記完了後の動きを見据えておく必要が生じるわけです。

合同会社設立により法人になるため、社会保険への加入が必須となってきます。この社会保険では健康保険は一般的にはコック民健康保険ではなく、会社が属する社会保険団体に加入するなどの対応となりますが、場合によってはこの社会保険団体が解散するところもあるため、協会健保に加入する流れとなるケースも目立ちます。いずれにしても法人となった以上は厚生年金及び社会保険への加入をしなければならず手続きを怠ることは許されませんが、期間が短いということもあってか申請が出来なかったということもあり得ます。そのため、法人化していてもこの厚生年金や社会保険に加入をしていないという問題が生じているところです。合同会社が代表者一人であっても、厚生年金や社会保険への加入が必須ですので、忘れずに手続きを行うことが肝心です。

この厚生年金や社会保険への加入では、代表者のみならず従業員も同様に加入をすることになります。ただし、パートなどで加入の要件を満たさない場合は例外となりますが、原則として加入しなければなりません。出費は増えますが後々のことを思えば、国民年金や国民健康保険よりは社会保険、厚生年金の方が手厚く、将来への備えとなる年金も国民年金だけよりは厚生年金も上乗せされる分だけ手厚くなり、代表者や従業員だけではなくその他の家族にも将来的に大きなメリットなります。

つまり、手続きを忘れることなく、また費用負担を恐れることなくしっかりと行うことで、従業員の将来のためにも必要なこととなってきます。このような手続きを行っていることが、従業員のやる気などにも影響を及ぼします。つまり、社員やその家族に対して目配りをしているという意識となり、ひいてはそれがその合同会社に対する帰属意識を高めることになるわけです。

Copyright© 2015 合同会社は株式会社と比べてどのような点で良いか All Rights Reserved.