メインイメージ

法人名義のクレカ

合同会社設立のメリットと法人名義クレジットカードについて

何かしらの事業を始める場合には、最初はたった一人で始めたり、規模も小さいでしょうから、個人事業主として届けを出す人も多いことでしょう。そのうちに人を雇ったり、事業が軌道に乗り、売上や収益が伸びてくれば、会社を設立する方向へとシフトする可能性が出てきます。
会社設立というと今は有限会社は作れませんので、自然に株式会社を選ぶことになりそうですが、実は会社は株式会社以外に、合同会社という手段で会社を作ることができます。

合同会社のメリットは、設立にかかる費用が安いことや、ランニングコストがかかりにくい、利益配分などの経営をする上で柔軟な対応ができるといったメリットや、株は発行できないものの、社債を発行できる権利を持ちますので、資金調達がしやすい、株式会社の税金面での優遇を合同会社にも適用されるなどのメリットがあります。
但し、あまり知られていない仕組みですので、他の会社との取引をする場合に、株式会社よりも信用度が下がることがあったり、経営者だけでなく従業員も業務執行権を持つことから、仕事をしているうちに、意見の対立が発生した時にまとめるのが難しいといったデメリットがありますので、現在行っている仕事の特徴をよく踏まえてから、株式と合同の、どちらの方法を選ぶか、よく考えた方がよいでしょう。

個人事業主から会社へと移行するパターンの他に、脱サラをしていきなり合同会社を設立するパターンもあります。サラリーマンが注意したいのは、会社は法人扱いになるということです。事業用の口座や車、たとえ自宅でも事務所として使えば、法人名義になります。また、支払いに使うクレジットカードも業務で使うのであれば、法人名義で作らなければなりません。しかし、サラリーマン時代と違って、合同会社を設立したばかりでは、信用が低いため、クレジットカードの審査に通らない可能性がありますので、注意しなければなりません。

そこで法人名義のクレジットカードを作る際には、法人口座を作った金融機関のクレジットカードに申し込んでみるという方法を利用したいところです。絶対に審査に通るという保障はないものの、他の金融機関に申し込むよりは口座を開設した分、印象がよい可能性があります。
このように、合同会社を作るのは、株式会社と比べて金銭的なメリットはあるものの、法人としての立場は株式会社と同様です。まずは共に業務を運営する社員とともに、無理のない経営を行い、信用を勝ち取ることからスタートしましょう。

Copyright© 2015 合同会社は株式会社と比べてどのような点で良いか All Rights Reserved.